• ビタミンが体に与える効果

    ビタミンは炭水化物やタンパク質、脂質などと同じで体に必要な五大栄養素の1つです。
    体に必要という事は分かっていても種類や効果まで知っている人は少ないのではないでしょうか。

    ビタミンは炭水化物みたいにエネルギー源になったりタンパク質や脂質のように体を作ったりするものではありません。

    ですが、これらの栄養素は上手く作用していて、健康を維持出来るように働いています。


    全部で13種類のビタミンがあります。
    A・B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸・C・D・E・Kですが、全部言える人はそんなにいないでしょう。

    AやCは良く聞きますが、パントテン酸やビオチンなどは聞き慣れないという人がいるはずです。


    体にとってとても大切な栄養素ですが、体の中では作れないので食べ物から摂取しないといけません。

    ビタミンの効果が気になる方に必見の情報です。

    なぜかと言うと、不足するといろいろな症状が起こるからです。



    例えば、ビタミンCが不足してしまうと肌が荒れてしまったり免疫力が低下してしまったりします。

    体には外から侵入してきた細菌やウィルスなどを排除してくれる働きがあります。



    これによって、体に害がある物質に触れてしまってもすぐに病気にはなりません。


    それだけではなく、ビタミンCは粘膜を強くする効果もあるので細菌やウィルスなどが侵入しにくい環境を作ってくれます。ですので、不足しないようにする事が大切です。

    このように、体に与える効果はとても大きいです。