• ビタミンの種類ごとに異なる効果

    ビタミンは種類ごとに効果が異なります。
    大まかに分類すると水溶性と脂溶性とに分かれており、水溶性は水に溶ける性質で摂取しても活用されなかった分はどんどん排出されます。

    これだけは知っておきたいビタミンの効果のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

    吸収されやすいという特徴もありますが、摂り過ぎた分は尿に溶解されてすぐに排出されますので問題はありません。

    脂溶性は油に溶ける性質であり、体内に蓄積されますので過剰摂取には注意が必要です。

    サプリで摂る場合にはついつい摂り過ぎてしまうことがありますので、一日の用量を必ず守らなければなりません。



    種類ごとに見ていくと、ビタミンAは爪や皮膚、粘膜を健やかに保つのに役立ちます。

    眼精疲労を改善したり、免疫力の低下を予防する働きもあり、緑黄色野菜にたっぷりと含まれています。


    ビタミンEは細胞や肌の老化を防止する成分であり、疲労や更年期障害の改善にも聞きます。
    足りなくなると血行不良が起こったり動脈硬化が引き起こされることもあります。

    上限量は定められていますが、日常生活において過剰摂取の心配はほとんどありません。


    ビタミンB群のうちB1には疲労回復や夏バテ予防の効果があり、B2は脂質の代謝や口内炎予防、髪の毛や歯の健康維持に関わっています。ナイアシンは血行促進や脂質維持に効果的であり、B6も脂肪肝やPMSの予防に役立ちますので、どれも健康を維持する上で欠かせません。



    女性の貧血に良い作用をもたらすのは葉酸であり、造血作用以外にも口内炎予防の効果が期待できます。